医院ブログ

2023.01.13更新

食育の重要性

 

やまざき歯科クリニックです。
本日は「食育の重要性」についてお話しします。

 


子どもの食育

食事というのは、発育の面でもとても重要ですが、”楽しく食事を食べる”という意味でもとても大切な習慣となります。また、「噛む」動作は、歯や顎の骨の成長にも繋がるため、幅広い意味での子どもの成長と関係します。

 


◎食育の重要性

食育というのは、「食事」を通して、食の知識や選択力を身につけ、子どもたちが自ら進んで正しい食生活を送れるようにするものです。

幼児期のダラダラ食べややわかいものばかり食べさせる習慣は、子どもの歯や顎の骨の成長の妨げになるなど、健全な食生活とはいえません。

また、子どものおやつに関しても同じで、砂糖の多いおやつばかりを与えると、虫歯になりやすい口腔環境をつくってしまいます。

食育の一環として取り入れるためにも、キシリトール入りのアメを与えたり、糖分の少ないおやつを選択するなどの工夫が必要です。

 


◎咀嚼の重要性

「噛む」というのは、子どもの歯や顎の骨の成長にとても大切な動作の1つです。

近年は特に、食生活の変化によって、やわらかい食べ物が増え、かたい食べ物をよく噛んで食べるという習慣が減ってきています。

噛む回数が減ると、顎の骨が細くなり、唾液の分泌量が減るため、虫歯にもなりやすくなることが危惧されています。

 


◎「噛む」メリット

①虫歯の予防

「噛む」という動作は、唾液の分泌を促します。
唾液には自浄作用といって、口腔内の汚れを洗い流す効果があるため、自然と虫歯や歯周病のリスクを低下させるといわれています。

②発音しやすくなる

「噛む」と歯の他、顎の骨、舌の筋肉までも発達するため、発音がしやすくなります。

③過食・肥満の予防

「噛む」と満腹中枢に刺激が伝わるため、食べ過ぎを予防し、肥満のリスクを低下させます。

④顔の筋肉を上手く使える

「噛む」ことで顔周りの筋肉も発達するため、表情が豊かになるといわれています。

 


◎乳歯の役割

乳歯、いわゆる”子どもの歯”は、生後8ヶ月頃より徐々に生え始め、少しずつ「噛む」ことができるようになります。
乳歯の時の「噛む」動作は、自分で食事をする基礎として非常に大切なもので、その後の食育、発育に重要な役割があります。

子どもの歯は大人の歯と比べてとても脆く、虫歯になりやすいため、乳歯の時の歯磨きには特に注意し、定期的な検診も欠かさず行いましょう。

 


少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 
立場駅から徒歩3分の歯医者・歯科
『やまざき歯科クリニック』
住所:横浜市泉区和泉中央南1−3−4 GROW YOKOHAMA TATEBA 1F
TEL:045-806-3151

投稿者: やまざき歯科クリニック

やまざき歯科クリニック Yamazaki Dental Clinic お問い合わせはこちらから
お名前(*必須)
ふりがな(*必須)
性別
年齢(*必須)
郵便番号
ご住所
電話番号
お問い合わせ内容(*必須)
一般歯科 予防歯科 歯周病 歯を失ってしまった方へ 歯を美しくしたい方へ 矯正 口腔外科 訪問歯科診療 医院ブログ BLOG 歯の教科書 当院が紹介されました!
    • 一般歯科
    • 訪問歯科診療
    • 予防歯科
    • 歯周病
    • 歯を失ってしまった方へ
    • 歯を美しくしたい方へ
    • 矯正
    • 口腔外科
  • 医院ブログ BLOG
  • 歯の教科書
  • 当院が紹介されました!